三日目続き

そんなに大きくない地下鉄博物館を回ったあとはシナゴーグへ向かいます。

シナゴーグ感想

では、有名な鎖橋に向かいます。

途中市場を通りましたが、日曜ということもあり閉まっていました。地下にあるスーパーだけはやっていたので建物の中からパチリ!

路面電車もパチリ!

お土産ストリート(仮称)を通りながら橋に向かいます。

 

今日は暑く、やっとこさ着いた鎖橋、てくてく渡ります。これでペスト地区からブダ地区へ移動完了したことになります。

橋を渡り終えたら飲み物を調達。涼みつつ休みます。

お店を出たらそのままケーブルカーに乗り、山頂へ。

山頂駅隣接のブダ城からはペストの街が見下ろせました。今渡ってきた鎖橋はもちろん、国会議事堂などもはっきりと見えました。

その足で漁夫の砦へ。

三日目

500に起きた我々は620頃宿を出発。640のENでブダペストへ向かう。

6人のコンパートメントと帰りのENを取ってもらい、駅のパン屋さんでピザ、チョコパンと水を購入。

ホームに上ると列車はもう入線していた。

今回は一番後の車両だった。

コンパートメントに行くともう既に5人座っている…同行者が声をかけると1人去っていった。

3+3向かい合わせの席で、うち真ん中を2つ取ったはずだが、もう既にだれか座っていたので同行者は通路側に。

オーストリアハンガリーの間の路線は比較的まっすぐで、沿線は主に両側畑。たまに集落や街がある感じでした。

ハンガリーに入ると単線区間が多いのか、途中で停止したり減速したりしていました。その間にすれ違うのはシティジェットやレールジェット、貨物でした。

また、ハンガリーに入ると割と見慣れたタウルス、ベクトロンなどとは違う、少しロシア感のある機関車(と言っても筆者はロシアに行ったことはないがー)や、見慣れない配色の車両がいっぱい。その中で安心できる車両はキスですねぇ。スイスでみるキスの色違いが見られました。

うとうとしつつ乗っていくと、途中で停まった場所(駅ではない)の両側にはひまわり畑。油か何か作る材料?はたまたハムスターのご飯用?ジオラマにしても楽しそうな光景でした。

 

ドナウ川を渡り、いよいよブダペスト。ちょっと遅れて到着しました。

隣にはレールジェット、ベクトロン牽引の客車列車。レールジェットは音階を奏でながら出ていきました。

ユーロから現地通貨の○○に両替を終えたら駅のトイレをそれで支払い、ブダペストの旅がスタート!

まずは地下鉄博物館に向かいます。

東欧?で初めての地下鉄特に電化しているという点で注目されていたようです。

赤い路線の地下鉄2号線でちょっと。○○で降ります。

一度地上に出ましたが、博物館は地下にありました。

入場券とは別に、写真撮る券を買って入場。

構内は以前の制服や昔使っていた鉄道用品、車両の模型などが飾られているほか、台車の模型や資料が並べられていました。

そんな中、なんと言ってもメインは昔の地下鉄車両たち。

ホームがこんな形だったんでしょうか?カーブしたホームを再現した場所に3両ほど並べられていました。

いずれも剛体架線に集電シューを当てる方式ですが、その持ち上げ方が面白かったです。

車体の外側に持ち上げ装着(仮称)が設けられ、それらは車両形式によってか時期によってか変わっている模様。ここでは2種類展示されていました。

三日目

500に起きた我々は620頃宿を出発。640のENでブダペストへ向かう。

6人のコンパートメントと帰りのENを取ってもらい、駅のパン屋さんでピザ、チョコパンと水を購入。

ホームに上ると列車はもう入線していた。

今回は一番後の車両だった。

コンパートメントに行くともう既に5人座っている…同行者が声をかけると1人去っていった。

3+3向かい合わせの席で、うち真ん中を2つ取ったはずだが、もう既にだれか座っていたので同行者は通路側に。

オーストリアハンガリーの間の路線は比較的まっすぐで、沿線は主に両側畑。たまに集落や街がある感じでした。

ハンガリーに入ると単線区間が多いのか、途中で停止したり減速したりしていました。その間にすれ違うのはシティジェットやレールジェット、貨物でした。

また、ハンガリーに入ると割と見慣れたタウルス、ベクトロンなどとは違う、少しロシア感のある機関車(と言っても筆者はロシアに行ったことはないがー)や、見慣れない配色の車両がいっぱい。その中で安心できる車両はキスですねぇ。スイスでみるキスの色違いが見られました。

うとうとしつつ乗っていくと、

 

一日目

日暮里からアクセス特急に乗り、成田に1900過ぎに到着。

モバイルwifiを受け取ったり、両替しつつ、同行者を待つ。

2030頃集合完了。荷物を預けつつチェックイン。

同行者の両替、サンドウィッチを買いつつ搭乗口へ。66番という外れの方の搭乗口でした。

乗り込むのは超大型航空機A380。でかい!

今回は1階席50列目だ。50列目と言っても始まりが1からじゃなかったので結構前の方。

安全ビデオはアラビア語から始まった。頭にターバン巻いた人がエンターテイメントを見ている時の笑顔が印象的だ。終わったらそのまま続けて英語。それが終わったらまた画面のエンターテイメントICEが見えた。

しばらくすると、画面がふたたび安全ビデオに。何かな?と思うと日本語版!都合3回見ることになりました。

2210頃離陸、九州の方へ飛んでいきます。

ヨーロッパに行くのに北海道の方へ行かないのが違和感でした。

なのかめ [2016ヨーロッパ3ヶ国]

なのかめ。最終日です。

 

ベルンで宿泊した我々。今日はベルン市内観光をしたのち空港に向かいます。

 

まずは観光の様子から。


f:id:naechsterhalt:20170203194224j:image

街中の様子です。

 

工事が多いような気がしますが、それも日本にはない感じでいいなと思ったりします。

 
f:id:naechsterhalt:20170203194342j:image
f:id:naechsterhalt:20170203194359j:image
f:id:naechsterhalt:20170203194413j:image
f:id:naechsterhalt:20170203194426j:image
f:id:naechsterhalt:20170203194434j:image

ベルンも綺麗な街ですね。


f:id:naechsterhalt:20170203194442j:image
路面電車も走っていました。


f:id:naechsterhalt:20170203194534j:image
f:id:naechsterhalt:20170203194545j:image

虹が出ていました。

 


f:id:naechsterhalt:20170203194626j:image

ホテルで朝ご飯。


f:id:naechsterhalt:20170203194635j:image

チェックアウトして駅に向かいます。


f:id:naechsterhalt:20170203194653j:image
ベルンの駅も結構大きいです。

 


f:id:naechsterhalt:20170203194759j:image
f:id:naechsterhalt:20170203194816j:image

 

チューリッヒ空港に着いたら、直行で成田…ではなく、一度ウィーンに向かいます。


f:id:naechsterhalt:20170203194840j:image
スイスエアラインに搭乗します。


f:id:naechsterhalt:20170203195023j:image

ウィーンでは今回最後のヨーロッパご飯。

シュニッツェル。

 


f:id:naechsterhalt:20170203195127j:image
f:id:naechsterhalt:20170203195135j:image

帰りはオーストリア航空


f:id:naechsterhalt:20170203195145j:image

さらばウィーン。また来るよ。


f:id:naechsterhalt:20170203195151j:image
長い長いフライトでした。

 


f:id:naechsterhalt:20170203195251j:image

成田に着いたらどしゃぶり!

 

無事に帰着。

 

ベルン→ベルン市内散歩→ベルン→チューリッヒ空港→ウィーン空港→成田空港→自宅

 

 

今回の旅行記はこれでおしまい。

全体を通して楽しい旅行になりました。これも同行した方々のおかげです。ありがとうございました。

いつも国内旅行の際はあまり観光をしないタイプの人間ですが、今回のように駅から出て散歩するのもありだな!っと思いました。楽しそうなポイントをみつける、リサーチ力をつけたいところです。

 

さて、このページは今回のヨーロッパ旅行記を書く場所として開きました。この旅行記が無事に最終日まで書けました。よってネタ切れです。なにか次のネタを見つけるまで少し休憩することになります。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。